日本企業経営学会 Japan Academy of Enterprise and Business Administration

設立の理念とその活動

日本企業経営学会 設立の理念とその活動

 日本企業経営学会(本部:新潟県加茂市,新潟経営大学経営情報学部伊部研究室内,会員約140名)は,1996年12月23日の創立以来,(1)経営学・商学・会計学等の学術的研究,(2)経営関連分野の国際的研究,(3)東アジアの企業経営研究を旗印として活動を展開し今日に至っている。2009年11月には,経営関連学会協議会(日本学術会議協力学術研究団体59学会で組織)へ加盟した。2010年11月25日には,日本学術会議の協力学術研究団体に登録された。

 本学会は,1996年12月23日に広島YMCAで設立総会と第1回研究部会を開催した。以後毎年3回,3月,8月,12月に開催してきた(2003年から8月の研究部会は規模を拡大し,全国大会として開催)。

 全国大会は,2003年8月16日(土)~17日(日)の2日間名古屋国際センター第1回全国大会を開催した。以後,毎年8月か9月初旬に開催している。2015年度は,8月28日(金),29日(土)の両日,名古屋市消費生活センターで開催する。参加の受付は8月20日(木)まで行う。(プログラムは8月1日(土),本ホームページに掲載)。

 本学会の主催で2008年12月27日(土)に第1回国際学術研究大会を正修科技大学(台湾・高雄)で開催した。統一テーマは「世界同時不況下における東アジアの企業経営」であった。

 世界経済は2008年,アメリカの金融危機を端として自動車産業が経営の再構築を迫られるなど,世界で経済問題が深刻化した。アメリカや日本などで人員削減が進行しており,雇用をいかに確保するかが世界的な規模で問題となった。

 このような時期をとらえて2010年2月22日に,日本企業経営学会は「東アジアにおける企業経営の今日的課題」を統一テーマに東亜大学校経営大学(韓国・釜山)を会場として第2回国際学術研究大会(韓国・釜山大会)を開催した。本学術研究大会は亜細亜企業経営学会と共同で開催した。本大会では経済のグローバル化で企業経営も国境を越えて課題を共有・解決すべきとの認識で一致した。日韓の産学官が一体で研究や解決に当たろうと両学会は協力提携書に調印した。

 第3回国際学術研究大会(日本・北九州大会)は2011年2月24日(木)・25日(金)の両日,亜細亜企業経営学会との共催で経営関連学会協議会の協賛を得て,九州国際大学(日本・北九州)で開催した。統一テーマは「世界経済の発展にとってアジア企業の果たす役割は何か」であった。

 第4回国際学術研究大会(中国・長春大会)は2012年2月21日(火)・24日の両日,研究大会は長春君怡ホテル,見学会は中国における最大級流通グループ・欧亜集団,偽満州国皇宮博物館などで行った。統一テーマは「東アジアにおける経済連携の課題と展望」であった。

 第5回国際学術研究大会(日本・長崎大会)は2013年2月18日(月)から20日(水)までの3日間にわたり長崎県立大学(長崎県佐世保市)において,亜細亜企業経営学会(韓国)との共催に.より開催した。統一テーマは「世界経済の発展と東アジア諸国の経済連携」であった。2月20日に西海国立公園西海パールシーリゾートを見学した。

 第6回国際学術研究大会(韓国・釜山大会)は2013年11月8日(金)から10日(日)までの3日間にわたり,東義大学校(韓国・釜山)において,亜細亜企業経営学会(韓国)の主催,日本企業経営学会の共催により開催した。統一テーマは,「韓・中・日FTA締結による課題および展望」であった。11月10日(日)に釜山郊外のチョウザメ養殖場を見学した。キャビアで化粧品をつくるという先進的な取り組みを行っていた。

 第7回国際学術研究大会(大阪大会)は,2014年2月14日(金)から16日(日)までの3日間にわたり,大阪商業大学(東大阪市)において,日本企業経営学会の主催,亜細亜企業経営学会(韓国)の共催により開催した。統一テーマは「東アジア諸国の連携とリスクマネジメント」であった。2月16日(日)には,奈良の法隆寺を見学した。

 第8回国際学術研究大会(韓国・釜山大会)は2014年8月29日(金)から30日(土)までの2日間にわたり,東亜大学校ブミンキャンパスにおいて,亜細亜企業経営学会・BK21・東亜大学校(韓国)の主催,日本企業経営学会(日本)・台湾産業競争力曁學術研究交流協會(台湾)の共催により開催した。統一テーマは,自由貿易と各国別TPP体制への対応戦略」であった。

 第9回国際学術研究大会(岐阜大会)は,2015年2月10日(火)から11日(水)までの2日館にわたり,じゅうろくプラザ(岐阜市産業文化センター,日本・岐阜)において日本企業経営学会の主催,亜細亜企業経営学会(韓国)の共催により開催した。2月11日(火),韓国からの参加者が岐阜商工会議所を表敬訪問した。統一テーマは,「地域産業の振興と地域再生」であった。

 研究論文集『企業経営研究』は,1998年5月に第1号を発行し,2014年5月30日付で第17号を発行した。第18号は2015年5月30日付で発行する。『企業経営研究』のほか,1990年11月から隔年で『東Asia企業経営研究』を発行している。本誌は2013年11月付で第8号を発行した。第9号は2015年11月30日付で発行する。